特撮についての記事作成

特撮は、撮影中に視覚効果を用いたり撮影後に映像に直接加工する手法である特殊撮影技術のことです。

特撮についての記事作成

特撮についての記事作成

特撮についての記事作成
特殊撮影技術を指す特撮についてです。撮影時、または撮影後に映像に様々な特殊処理を施して、非現実的な映像を作り上げるのがSFXとVFXです。古い映画作品を手掛けた監督には特技監督という肩書きが付けられていました。一方、SFXやVFXの撮影技術の一種にも関わらずコンピューターグラフィックス(CG)をメインにした作品やアニメーション作品は特撮と区別される傾向にあります。

撮影の時に特殊メイクなどの物理的な技術や、フイルムに光学的な視覚効果を用いるオプティカルプリンタで現実世界ではあり得ない映像に仕上げる特殊撮影技術を、SFX(エスエフエックス/SpecialeEffects/スペシャルエフェクツ/口語体にするとスペシャルエフェックスに聞こえるのでXが使われています)と言います。同じような技術にVFX(ブイエフエックス/VisualEffects/ビジュアルエフェクツ/口語体にするとビジュアルエフェックスに聞こえるのでXが使われています)があります。撮影後の映像に視覚的な効果を用いる、つまり視覚効果技術です。CGも同種です。SFXは特殊な映像を現場で撮影する技術で、VFXは映像を撮影後に直接加工する技術です。

SFXの技術には主に、出演者に施す特殊メイク、生物を模したロボット(アニマトロニクス)、キグルミを着てアクションをこなすスーツアクター、自然現象の再現や火薬、ワイヤーを使った演出を行う操演などがあります。撮影技術は主に、カメラを複数並べて被写体を撮影するバレットタイム、被写体と別の映像を合成する装置ブルーバック、スクリーンに背景を写して役者がその前で演技するスクリーンプロセスなどがあります。VFXの技術は、コンピュータを用いて映像を合成するデジタルコンポジット、コンピュータを用いて映像を作り出すコンピューターグラフィックス(CG)、作品に必要ない物が写り込んだ場合にデジタル処理で消すデジタルリムーバルなどがあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.