特撮についての記事作成

特撮は映像表現力における技術であり、テクニックです。映像表現においてはどうしてもテクニックが必要ですから。

特撮についての記事作成

特撮は映像表現力における技術であり、テクニックです。

特撮についての記事作成
特撮は映像表現力における技術であり、テクニックです。映像表現においてはどうしてもテクニックが必要ですから。特撮といえば年代と世代がバレますが、怪獣映画が代表例です。白黒フィルムからカラーフィルム、時代においては「総天然色カラー」などといって、技術進化が時代の潮流になりました。ところがデリケートな技術は、時代とともに劣化し、褪色して当時の新鮮さを享受できない実情がありました。カラー映像がセピア色になっているとことに時流の果てしなく流れた時間を垣間見ることはできます。当然、修復作業はあとで技術的に復元できるものです。特撮技術は映像のモンタージュが必要になります。最近はコンピュータグラフックというCGがよく、ハリウッド映画でもさかんに多様化しています。アナログ的俳優は、技術的モンタージュで表現されるとき、現場の緊張感と投げ込むエネルギーが演じるときの感情が減殺されます。それだけ、技術は恐ろしいほど席巻する力があります。スタントマンなんて不要という考え方が生まれたくらい、技術は俳優業の世界に食い込み仕事を奪っていきます。

ところが一般的素人(表現は適切かどうかまだ不明?)表現集団が動画投稿をして結構人気をはくしています。写真をワンカットずつ切り貼りすると、動いているように見える表現技術があります。空を飛んだり、閉まっているドアから透明人間みたいに出入りしたり。映像表現力の可能性を追求したりしています。連続性と切り貼り仕事の関係と思ったら理解しやすいです。「貼り絵を映像化しただけで、特撮と呼ぶ」こともできるでしょう。

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.