特撮についての記事作成

現代はCGで作られた映画がもてはやされていますが、過去の特撮は、完成度では劣っても、臨場感がありました。

特撮についての記事作成

特撮で楽しむ臨場感と緊張感

特撮についての記事作成
国内外を問わず、最近の映画やテレビドラマを見ると、あちこちでCGが使われているのがわかります。突然俳優の顔が別人に変化したり、現実にはありもしない物体が飛んでいるように見せたりと、映像の世界ではもはや出来ないことはないように見えます。そればかりか、一般人でも自由に投稿できるパソコンの動画サイトでも、まるでUFOが本当に飛んだかのような映像をCGで制作して流したため、世界中の話題を呼んだこともありました。昔はアニメでしか実現できなかったような現象も、実写にCGを組み合わせることによって、まるで現実のように見せることが出来るようになったのですから、技術の進歩には驚くほかありません。

しかしオールCGで作られた作品もある中、こうした傾向を手放しで喜べない人々もいます。昔日本で作られた怪獣もののドラマでは、特撮という技法で多くのシーンを撮影していました。当時の語り草によれば、日本の国会議事堂や東京タワーが、巨大な怪獣によって、何度壊されたかわからないといいます。これらのシーンは、首都の模型を作って、怪獣の着ぐるみを着た俳優が実際に壊すところを撮影したものです。観客は、模型の出来具合を見たり、着ぐるみがいかに本当らしいかなどを評価しながら見るのですが、嘘だと分かっていても、そんなシーンに不思議な快感を覚えたのです。それに対し、完成度は高くてもCGには人間味がなく、人工的に見えてしまうのは否めません。不完全でも人間が作って、またそれを壊す、そんな特撮の手作り感がたまらなく好きだ、そんな人々も多いのです。

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.