特撮についての記事作成

特撮ということでの海外のSF映画の魅力ということで、その楽しさなどのことを色々な作品から書いています。

特撮についての記事作成

特撮の魅力と海外の映画

特撮についての記事作成
特撮ということでは、最初の頃は今のイメージとはだいぶ違って、怪獣や宇宙船がたくさん出てくるのではなく、現実での撮影が困難な場合に、それを補うということで、利用された特殊撮影ということで、例えば西部劇の幌馬車での追跡劇などを、動いているようにスタジオで撮影するというようなものでした。それは今でも利用されていますが、怪獣などやスーパーヒーローなどは出てこないものでした。その中で面白いのは月旅行の映画で、これは今でも白黒の映像で見られますが、その頃の月のイメージが出ていて面白い映画です。しかしその後での特撮の転換点はコリラの怪物の怪獣映画でしょう。これが日本の怪獣映画の原点かもしれません。

私もテレビで最初に見た時は驚きましたが、このような特撮を最初に見た人たちは、怪獣が本当にいるのではないかと、さぞ驚いたのではないかと思います。作った人の、その才能に感心しますが、特撮で怪獣と美女とヒーローを組み合わせたということでは、今の特撮の原型ではないかとも思いました。美女と野獣というスタイルも特撮では欠かせないスタイルになっています。昔の怪獣映画でも、その頃の一番人気の女優さんが出ていて、懐かしくなったりしますが、それも特撮映画の楽しさでもあります。

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.