特撮についての記事作成

特撮とは通常ではありえない映像を作る技術で、映画の黎明期から存在し、1980年に全盛を極めました。

特撮についての記事作成

特撮作品の歴史について

特撮についての記事作成
特撮とは特殊撮影技術の略であり、通常では撮影不可能な場面をなんらかのトリックを使って表現する方法を指します。その初歩的な技術は映画の黎明期から存在し、時をさかのぼっているように見えるフィルムの逆回し、あり得ない速度で活劇を繰り広げる早回し、人や物が急に消えたような錯覚を受ける中抜きなどの技術は、20世紀初頭の作品にも確認することが出来ます。1920年代になるとその技術は大きく発達していきます。精巧な人形をコマ撮りで撮影し、それをミニチュアセットの中で動かし、あるいは俳優が演じる通常の画面と合成することによって恐竜や怪獣といった現実には存在しないものを画面の中で闊歩させることに成功しました。

西洋の映画が上記のようなストップモーションによる手法を発達させていったのに対して日本では戦後、人間が特殊スーツの中に入って怪獣やヒーローを演ずる着ぐるみによる作品が多く作られていきました。そして特撮は、ハリウッド映画を中心として1980年代に全盛を極めます。SF作品やホラー映画などにそれらの技法は駆使され、今まで見たことのない幻想的かつ迫力ある映像に人々は魅了されていきました。しかし、デジタル撮影が発達するとこれらの技術を用いた作品は次第に衰退していきます。CGを用いればどんなものでも描くことができ、ミニチュアや着ぐるみよりも遥かにリアルな作品を作れるようになったからです。とは言え、現在においても特撮の手作り感に思い入れのある人は多く、映像作品の一分野として愛され続けています。

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.