特撮についての記事作成

特撮=特殊撮影技術(SFX)は日本のみならず世界の映画やテレビ番組を造ってきた技術の1つであります。

特撮についての記事作成

特撮は愛すべき、守るべき文化

特撮についての記事作成
元々、特撮(特殊撮影技術)とは特殊撮影(SFX)、あるいはトリック撮影と呼ばれていた「技術」を総合的に指す略語であり、日本では怪獣映画や等身大のヒーロー作品・パニック映画などにこの特撮技術が用いられてきました。また、SFXとは特撮(特殊撮影)を意味する英語SpecialEffectsの略語で、フィルム、ビデオ映像に対して美術、光学処理などにより特殊な視覚効果を施し、通常ではあり得ない映像を作り出す技術のことを指します。SFX技術の中の「美術、光学処理」は特殊メイクや爆薬、ミニチュアを使うなどの技法のことです。さまざまな技法を組み合わせ出来た作品は映画館にいながら、もしくは部屋のテレビを見ながらタイムトラベルの旅に連れ出してくれたり、恐竜がいる世界へと私たちを誘ってくれるのです。

しかしながら、近年のめざましい技術革新によりCGなどのデジタル技術を活用したSFXが普及し始めたため、『過去の遺物』としてアナログ的な技術・作品という意味で「特撮」という言葉が使われるようになっています。今日の素晴らしい映像作品たちも『過去』として扱われるこの特撮技術があってこその産物だと考えますので全世界共通の文化としてこれからも大切に守っていけたらと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.