特撮についての記事作成

特撮は、怪獣ものや戦隊ものといったものが有名です。そしてそれらには迫力ある爆破シーンが付き物です。

特撮についての記事作成

特撮には爆破シーンが付き物です

特撮についての記事作成
特撮といえば、大きな怪獣が暴れ回って町を破壊していくシーンが思い浮かびますが、ああいったシーンは見ていると例え作り物の作品とはいえ『住んでいた人達はどうなってしまうんだろう』と考えてしまいます。製作している側は怪獣の迫りくる迫力や恐怖を前面に押し出しているでしょうから、多少言葉は悪いですが我々がそう思ってしまうのは正に『思う壺』と言ったところでしょう。怪獣ものは最終的に怪獣が倒されたりどこかへ帰っていったりと、人間の勝利で終わるのもポイントです。

そんな怪獣ものと並んで人気があるのが戦隊ヒーローものでしょう。3人から5人の戦士が悪の軍団と戦ったり、あるいは1人で戦う孤独な戦士というものもあります。誰にも正体を知られなかったり、知っていたとしても協力してくれる博士などの極々限られた身内だったりと、人知れず脅威から一般人を守るその姿勢に憧れた少年達も多いのではないでしょうか。

そして怪獣ものや戦隊もの、両方に共通するのが激しい爆破シーンです。町を壊す怪獣たちが暴れまわる度に、悪の軍団との激しいバトルの最中にと、何度も爆破シーンが繰り広げられるのが特撮の特撮たる所以でしょう。その伝統は、古くは1960年代から、現代のCG技術を使ったものにまで受け継がれてきているのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.