特撮についての記事作成

最近の特撮映画はすごすぎてびっくりします。どこまでが実写でどこからが特撮かわからない映画が多いです。

特撮についての記事作成

最近の特撮映画はすごすぎてびっくりします。

特撮についての記事作成
最近のハリウッドの特撮映画はすごいです。どこまでが実写でどこからが特撮かわかりません。コンピューターグラフィックが進歩した成果なのだろうと思います。スパイダーマンを見ましたが、どうやって撮影しているか想像すらできませんでした。手から紐を出してそれをビルに引っ掛けてどんどん前に進んでいくのですが、実際にやっているように見えるのです。まだ日本の映画の場合は、わかりやすいです。いかにもという感じがします。これは掛ける費用が違うから差が出るのだろうなと思います。アメリカ映画の場合、市場は世界ですが日本映画の場合は市場は日本だけです。そのため収益が違うからそれほどの予算を組んだ映画を作れないのだろうなと思うのです。

日本でもお金を掛ければハリウッドに負けないようなものを作ることができると思うのですが、そんなにお金を掛けると日本の場合市場規模が小さいから掛けた費用を回収できないのではないかなと思うのです。アメリカの特撮技術はまだまだ進化していくと思います。そうなると現実とコンピューターグラフィックの部分の見分けがまったくできないようになると思います。今は少しは分かる部分がありますが、もうすぐまったくわからない時代が来ると思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017特撮についての記事作成.All rights reserved.